スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
間々田優というアーティスト
20100324000248
20100324000234
20100324000211
今回、ロックの学園に足を運んだのは他でもない、間々田優のライブに行きたかったからだ。

職員室で開催された、「軽音部」のライブ。いわゆる、先物買いの女性アーティストが終結。
その中で、間々田優が登場。

白い帽子に、やたらと薄着な感じで、露出オーバーで登場。ギターとシンセのみの構成。

底抜けの明るさで、「こんにちは、間々田優でーす。よろしくお願いしまーす」と。

姫は、前から3列目中央のポジション。

表情はよく見える。

一曲目は、「ボーダー」。1stアルバムに入ってますね。ライブだと、最後は観客に歌わせる系ですね。これを一曲目に持ってくるとは。ある意味、ファンがどのくらい来てるかはかれますね。
実際は、たぶん、姫入れて10人いたかいないかかな。
それにしても、希望が持てる曲だね。

次は、「先生」。最後は、ひたすら、先生を絶叫で連呼。ロックの学園にはぴったりのシチュエーション。
つなぎの語りもいい感じ。
次は、ギターのみの「3つ」。
これは、ヤバい。やっぱりやばい。切なすぎる。

続いて、ギターのみで2ndアルバムの「めんどい」。
「Home Sweet Home」は、観客が足踏みと拍手でドラムになって。やっぱり悲しく、切なくなる。

ラストは、お決まりの「夕」。
最近、好きになった曲です。

あっという間の、35分でした。
スポンサーサイト
【2010/03/21 17:39 】
夢の国 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<葉山牛 | ホーム | ロックの学園>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keikohime.blog38.fc2.com/tb.php/1269-1c06395d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。