スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
死とは、モーツァルトがもう聴けなくなることであるbyアインシュタイン
思えば、ブログを開設してから、11/28で①年になります。
これまで、姫ブログを閲覧していただいた方全員にお礼を言いたいところですが、一期一会の方もいらっしゃるので、この場を借りてお礼を言いたいと思います。11/28には、きっとたくさんの方が訪れてくれることでしょう。

さて、そもそも、なぜブログを開設しようと思ったのか。
いまや、ブログはすっかり市民権を得てしまいましたが、姫は当時(注!)ブログ女王である真鍋かをり氏を師事しておりまして、それに触発されたというか、そんな感じでなんとなく姫ワールドを作りたくて(以前にも似たコンセプトでHPを持っていましたが…)始めました、ブログを。

しかし、改めて考えてみると、なぜ人はブログを書くのか。思いついたその時に書き込むといった即効性が求められるというか、それがブログの魅力でありその手軽さがうけているとおもうのですが、姫はなんか違います。
そもそも、ブログというのはweb logでありますので、ログなのですよ。
なので、単に、ログを残したいのです。日常の。人の一番基本となっている事柄って、仕事でもなく、勉強でもなく、日常生活ですよね?
その日常をきりとって、webにはっつける。そういったことになんの意味があるのでしょうか?
姫は、誰かに発信しているというつもりはあまりなくて、自分が後で見たときに参考になるように、イベントのレポートなどを積極的に載せたりしているわけです。イベントとかは日常生活じゃないように思われますが、姫にとっては日常の活力の源になっていることこそが、日常なのです。
で、あわよくば、なんらかの単語がヒットして、世界のどこかの人が姫のブログを見てくださって、参考にしていただけたらラッキーかとおもったりもしています。

そんなこんなで、新ブログ女王のしょこたんにはかないませんが、これからも頑張って書き続けていこうと思っています。たとえ、更新がリアルタイムでなくても。。。

…となぜこんなことをいきなり書き出したかというと、理由があります。あの、アハ体験を提唱している今やトキの人となっているソニーの茂木健一郎氏(姫の大学の専攻の客員教授でもある)がこのたび、自信のブログ「茂木健一郎 クオリア日記」をとりまとめた「やわらか脳」という本を出版されました。
姫は、なんとなくひかれるものがあって、買いました。茂木氏のブログはたまにチェックしているのですが、やはり、電子媒体よりは、紙媒体の方が読む気になります。
まえがきには、ブログを始めた動機がかかれていて、それがなんともいい感じにまとまっていて、共感をおぼえました。

気に入ったフレーズがあったのでご紹介しましょう。

「残り時間を曖昧にして無限に転化する、というテクノロジーは、意識が自らの安定を保つためにあみ出した切ない必殺技なのだろう。…中略…音楽にも必ず終わりがあるけども、聴いてる時は終わりを志向しない。」
スポンサーサイト
【2006/11/23 04:15 】
夢の国 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<タイトルなし | ホーム | 昼寝全開>>
コメント
150歳まで生きる男gifted_childです。

茂木健一郎氏は、わたくしも好きですぞ。最近はテレビに出過ぎな気もしますがね。

残り時間を曖昧にして無限に転化する・・・ そう、悲しい人間のサガというやつですね
まぁ、おらぐらいになるとその機能は排除されているのですがね。

人の人生は限られているのですよ、時間的にも、金銭的にも、労力的にもね。
だからこそ、自分が本当にしたいことをすべきなのだと私は思います。

天才且つ150歳まで生きる私にとっても人生は短かすぎる・・・

P.S.
おらも最近、短髪にチェンジしました。
周りからの評価は"若者に迎合しやがって"です。
【2006/11/26 16:46】
| URL | gifted_child #-[ 編集] |
gifted_child 様

お久しぶりでございます。短髪のおら…いや、gifted_child 様を見とうございます。
そちらの国は、やはり寒いですか?
【2006/11/28 16:58】
| URL | けーこ姫 #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://keikohime.blog38.fc2.com/tb.php/276-1918d35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。